topimage

2017-08

母の診断結果★有瀧聡美さんのキャンドル本 - 2014.10.01 Wed


薔薇の苗のウィンドウショッピングはコチラ



チビの骨折の経過があんまり宜しくない

と知ったのが先週の月曜日。
そして
水曜日に母を喘息の病院へ連れてゆき
木曜日に母を騙して眼科へ連れてゆき
「悪性の腫瘍かも知れないから、
大学病院での診察を予約しておきます。」

と言われてから1週間近く。

今日、母を大学病院の専門医に診てもらいました。



5年前、3年前にも出来た瞼の裏のデキモノ。
今回は母が「眼科へはもう行かない!」と1年以上放置したため、
瞼の裏側が外側にまではみ出してきていました。

当然、誰もが母に病院へ行くよう勧めていましたが
テコでも動かない状態で、今回騙して連れて行ったわけです。


「1年以上放置して、この程度なら癌ではないと思うよ。」

と母には言ったものの、
この1週間、私は心配でろくに寝ておりませんでした。


いろいろ違う理由で、
この1ヶ月ろくに寝てないし、ろくに食べてない

不眠不休に近い状態



だったんですが、

何をする気にもならなくて
DIYとかいろんな機関へ出向く以外、
家事も最低限しかやっていなかったからか・・



痩せやしねぇ★



って、そこじゃなかった。


えー、診断は【悪性腫瘍】でありました。



母は糖尿病も患っているのですが、
今のところ数値が安定しているので
10日に摘出手術を行って、
広い範囲(瞼)を切り取るので、後日整形手術という流れになるそうです。





そして母から今日言われた言葉は



「お母さん、治ってきてたのに!」

ツワブキの葉を焼いた物を目に貼り付けてた。
ついでに
松寿仙(漢方薬)を点眼していた。


「小さくなってきてたのに!
手術なんてしたらカタワになっちゃうのよ!」

「だから病院なんか行きたくなかったのに。
らなちゃんがお母さんを騙してまで連れて行ったから・・。

もう、いいのよ。10日に切ってくるから!」


でした。



アタシのせいか∑( ̄Д ̄;)


まぁ、あたる相手がいた方が、心が楽でしょうから
いいですよ。別にアタシのせいでもなんでも。

もう、この3年以上
八つ当たりされ続けてますから慣れました。
自分の母親の八つ当たりなんて可愛いもんです。
ドンと来い★





と。
アタシが珍しく仕事中のパパに電話をして
(っても、その時は出なくて
ちょっとしてから、完全無音状態の場所から
かけ直してきたんですけどね)
母の診断結果を話しましたら

「お母さんがそんな状態なんだったら、
お母さんの所へ行っていてあげた方がいいよ。」

と言ってくれました。





元々3日の夜から行くつもりだったし
弟も私たち親子がいると
「チビが好きだろ?」っていろいろ買って来てくれたりして
気を使わせちゃうのでやめました。








そしてアタシは本屋へ行き
先日から気になっていた
【はじめてのフラワーキャンドル】
という本を買ってきました。






ロザリアンなら、一度は目にしたことがあるかな。
08_20141002004441275.jpg
※本の中の写真。
ページが曲がった状態なのでキャンドルが曲がって見えてますね(汗)

有瀧聡美さんのキャンドル。

クリックすると、有瀧さんのキャンドルたちの画像を見ることができます。





以前、園芸雑誌の【My Garden】で
岩下篤也さんがブノワマジメルの命名エピソードと共に
こちらのキャンドルを紹介されていて、
それ以来、ずっといいなぁ・・・と思い続けていたキャンドル。

包までもが洒落ていて、
一度は手にしてみたいと思っていたんです。


それがね。
この本の目次を見ると・・
01_20141002005256128.jpg
いろいろなキャンドルの紹介から・・


02_201410020052578f2.jpg
ずぶの素人が作りたい欲に駆られたら
何を揃え、どうしたらいいのかも・・


03_20141002005259e69.jpg
ガーデナーにとっては、丹精込めた庭の記録を
キャンドルに閉じ込めるだなんて、素敵な提案や・・


04_20141002005300453.jpg
詳しい材料と作り方が載っていて・・


05_20141002005302838.jpg
実際、作ったはいいけど、どうやって飾ればいいの?(;´д`)

という、
ワタクシのようなセンス皆無の人間にも優しい・・


06_20141002004442ceb.jpg
でね!
有瀧さんの素敵なラッピングを型紙までついて教えてくれるのよ~(≧∇≦)キャー♪

お片づけの方法まで書いてあるの。
なんか凄いわ。




ちょっと嬉しかったのは
07_201410020044398ac.jpg
アタシが持ってる葉っぱの型が役立ちそうだってことね(ΦωΦ)フフフ…



チビの腕も、母の目も背中も心配ですが
心配していても、どうにかなるものじゃないし
気持ちが沈み込んでしまうので・・

DIYに加えて、
キャンドル作りを久しぶりにやろうかな
と思っているのであります。






お返事いつもに増して遅れてしまいそう
なので
コメント欄は閉じておきますね。
(´▽`;)ゝ




最後までお読み頂き、ありがとう御座います(* ´∀`* )

応援クリック、押してもらって・・いいですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

バラ苗専門店
バラの家













施設満足度ランキングで選ばれた温泉、ホテル






関連記事
スポンサーサイト

完全放置した庭は・・(;´д`) «  | BLOG TOP |  » 珍しい金魚に会えるお店★幸手の曼珠沙華まつり

COUNTER

ようこそ。

人目のお客様♪

プロフィール

らな

Author:らな
HSAジュニアソーパー
AEAJ アロマテラピー1級

メインはバラの無農薬栽培と独自誘引他の紹介。
庭づくり、かんたんDIY、クラフトなど。

現在は手作り石けん教室を開く為、奮闘中★
デザインや素材、作り方などいろいろ試しております。



このブログが雑誌で紹介されました




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ





画像の無断転載
及び
画像の直リンク
はお断り致します

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

CustomCategory

お気に入りのお店

【Gardening】

バラの家
なかなか見つからないバラも、ここなら見つかる!
充実した苗が送られてくる、信用できるバラ苗のお店です。

おぎはら植物園
宿根草を探す際にお世話になっています。

ハニーミント
と~っても軽い土で、鉢の移動も楽々♪保水、保肥、共に良好です。

e-フラワー
以前、実店舗へ通わせて頂いていた改良園さん。幅広く、そして珍しい植物があったりします

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店
こちらも以前、実店舗へ通っておりました。最新品種など、目新しい物も多く扱っているお店です。



【zakka】

one and only shop
愛用しているハンドソープを1個から送料無料で送ってくれる、有難いお店。

メソッドのピンクグレープフルーツ。ココナッツオイルが主成分のアロエ、ビタミンE入りで、使用後は分解され、自然に帰る、環境にも優しいく、手肌にも優しいハンドソープ。お勧めです♪

輸入建材・雑貨店Queen Ann
お手頃価格で洒落たものが揃います。フレンチカントリー好きさんや、DIY好きの方にもお勧め。

タイルショップたまがわ
軽量レンガが驚きの安値で買えるお店。バルコニーもベランダも、こちらの物を使わせて頂きました。

ライフスタイルショップ アンジェ
ファッション~日用雑貨、家具に至るまで扱うお店。 見ているだけで幸せになりそうな実用品が揃っています。洒落てるけれど、価格はリーズナブルでお勧めです。

choice





無料・レンタル・掲示板

らなのお気に入り

【美しく咲かせるバラ栽培の教科書】

条件にあった品種選びから詳しい栽培法まで、バラを育てたことがない人でも読めば幅広く、深い知識が身につく素晴らしい栽培本。ここ最近では一番詳しく書かれている本だと思います。

【バラ大図鑑】

新しい品種が数多く載っているバラ図鑑。樹形、大きさ別で目的別に購入したいバラを検討するのに便利。また、うどんこ病、黒点病に対する耐病性の強弱も記載されており実用的。

【美しく病気に強いバラ】


【バラを美しく咲かせる とっておきのテクニック】


【超図解!よくわかるバラの剪定講座】


【もっと知りたい!  バラの栽培と剪定講座】


















オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

SOLAR

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気のバラ苗

リンク

このブログをリンクに追加する

kobo

QRコード

QR

RSSリンクの表示

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
52位
アクセスランキングを見る>>

Nippon Blog Mura