topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の声が聞こえるバラ?∑( ̄Д ̄;)★ちょっとお節介なこと - 2015.06.14 Sun


薔薇の苗のウィンドウショッピングはコチラ


ブログ内の記事および画像の
無断転載、直リンク禁止





※コメントについて


・無農薬栽培に対する否定、非難、中傷
・農薬使用に関する肯定的意見など、
コメントされた場合には削除し、今後閲覧不可とさせて頂きますのでご了承下さい。

無農薬派VS農薬使用派に分かれて戦おうって意味で書いてるわけじゃありませんのであしからず。






購入した年の秋には
ロソマーネジャノン 20120905
色付き方が逆バージョン★ 
な花が咲きました。


が、
まぁ、これから綺麗になってゆくのだろうと思っていました。








ロソマーネジャノン 20130526
しかし。
その後咲く花は、カタログ写真とは違いすぎる・・。





 
ロソマーネジャノン 20130526
蕾が緩んできた途端、期待度ゼロ★




ロソマーネジャノン 20130526
そんな花ばかりを咲かせていた【ロソマーネジャノン】が・・





20150612 ロソマーネジャノン
先日、黄色い花を咲かせました。

ちなみにこの花、
外弁は白く褪色していて、赤みは一切なし★



この花を見て 冷酷無慙ならなたんは





やめよう・・


もう、

この子に期待しても無駄 (T_T)







この花が終わったら、ガッツリ剪定して
「バラで余ってるのがあったら頂戴♪♪」
って言ってるクレクレさんにあげてしまおう。
( ̄  ̄) (_ _)うんうん


アタシが直接言われてたら
「人にタダであげるバラはないわ(´∀`*)ウフフ」
って断ってるトコだけど、
パパに言っててくれたから良かったわ。






ホント、良かったわ・・・ネ、 ロソマーネ・・♪





花型、花色、香り、樹形、刺の有無、強健さ、生育旺盛かどうか
などなど
一切関係なく、バラならなんでもいいからクレクレ★
って人がいてくれて♪






(´∀`*)ウフフそうだわ♪
もういっそ、
花が咲き終わるのなんか待たずに小ざっぱりさせて
パパに持って行ってもらいましょ♪

善は急げって言うものね♪ (´∀`*)ウフフ







と、
剪定鋏片手にロソマーネへ近づいてゆきますと・・





な・・・なに??∑( ̄Д ̄;)

ロソマーネジャノン 20150614

なに この変貌ぶり!!










それは、この3年間見たことのなかったロソマーネジャノン。
ロソマーネジャノン 20150614
カタログの見本写真に近い状態で咲いている
ロソマーネジャノン Σ(●゚∀゚●)







いつぞやのかおりかざりの件でも思ったんだけど・・
どうも、
らなんちのバラたちは読心術を身につけているようであります。












さて。
ブログの説明文にも御座います様に、
ワタクシ、完全無農薬栽培をしているのであります。

ハーブなんかを使ってるのは生薬なんだから無農薬じゃないでしょ!

って言われる方もいるんですが、農薬は一切使ってませんよ。





で。
あたし、個人的には農薬使おうが使うまいが人の勝手だと思ってるのね。

使いたい人は使えばいいし、
使いたくない人は使わなければいいし。


でも、
農薬を使う際にどうしても気をつけてもらいたい事
があるので、アンチ農薬使用じゃないけど
農薬に関して、書いているサイトをリンクしておきます。







主な農薬の中毒症状
・気軽に使っているスプレータイプの農薬にも含まれている成分が
 怖い中毒症状を引き起こす場合もあります。


農薬のラベル表示と農薬についての情報
・農薬は必ずラベル表示に従って・・農薬散布なさっている方は必見


農薬散布に使用するマスクの手引き(pdf)

・マスク装着の重要性がわかるかも・・。


農薬中毒の症状と治療法
(pdf)
・自覚してないだけで、農薬中毒になっている場合もある?(汗)


農薬データベース
・商品名のみでも、農薬の詳細を表示してくれます。


ネオニコチノイド系農薬・殺虫剤の人体への影響
・医師たちが語る人体被害の実態など


これほど危険なネオニコチノイド系・・であるにも関わらず、
・ネオニコチノイド系(オルトランDX ダントツ モスピラン など)
日本政府は先月(2015年5月)
【悲報】厚労省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和!
ほうれん草は13倍!ミツバチの大量死や発達障害の要因に!

という決断をし、
国民の健康よりも企業に利益で納税目的か?って感じ。


有機リン系農薬中毒について
・有機リン系(スミチオン マラソン カルホス オルトラン など)





アタシが農薬散布をしている方に気をつけて欲しいのは
保護メガネ、マスク、手袋、防除服の着用を忘れずに!
という事なのです。


不浸透性の防除衣、手袋について

農薬用マスク・防護マスクについて

農薬散布用保護メガネについて




また、農薬は内服薬と違い、
使った人間の体内のみに作用するものではありません。

よく、無農薬批判をする人が
「自分の子供が病気になっても薬を飲ませないのか!」
などと言ったり、書いたりしてるのを目にしますけど、
基本的に全く違うものです。

使用する事により、
自分自身および家族、近隣への影響が出るという事を念頭に置いた上で
十分に注意して使用をすべき薬が農薬なのです。
自分の子供が病気になって与える薬とはわけが違います。



1 公園、街路樹等における病害虫防除に当たっての遵守事項
 学校、保育所、病院、公園等の公共施設内の植物、街路樹及び住宅地に近接する森林等、
人が居住し、滞在し、又は頻繁に訪れる土地又は施設の植栽における 病害虫防除等に当たっては、次の事項を遵守すること。
なお、農薬の散布を他者に委託している場合にあっては、当該土地・施設等の管理者、病害虫防除等の責 任者その他の農薬使用委託者は、各事項の実施を確実なものとするため、業務委託契約等により、農薬使用者の責任を明確にするとともに、適切な研修を受講し た者を作業に従事させるよう努めること。

(1)植栽の実施及び更新の際には、植栽の設置目的等を踏まえ、当該地域の自然条件に適応し、農薬による防除を必要とする病害虫が発生しにくい植物及び品種を選定するよう努めるとともに、多様な植栽による環境の多様性確保に努めること。

(2)病害虫の発生や被害の有無にかかわらず定期的に農薬を散布することをやめ、日常的な観測によって病害虫被害 や雑草の発生を早期に発見し、被害を受けた部分のせん定や捕殺、機械除草等の物理的防除により対応するよう最大限努めること。

(3)病害虫の発生による植栽への影響や人への被害を防止するためやむを得ず農薬を使用する場合(森林病害虫等防除法(昭和25年法律第53号)に基づき 周辺の被害状況から見て松くい虫等の防除のための予防散布を行わざるを得ない場合を含む。)は、誘殺、塗布、樹幹注入等散布以外の方法を活用するととも に、やむを得ず散布する場合であっても、最小限の部位及び区域における農薬散布にとどめること。また、可能な限り、微生物農薬など人の健康への悪影響が小 さいと考えられる農薬の使用の選択に努めること。

(4)農薬取締法(昭和23年法律第82号)に基づいて登録された、当該植物に適用のある農薬を、ラベルに記載されている使用方法(使用回数、使用量、使用濃度等)及び使用上の注意事項を守って使用すること。

(5)病害虫の発生前に予防的に農薬を散布しようとして、いくつかの農薬を混ぜて使用するいわゆる「 現地混用」が行われている事例が見られるが、公園、街路樹等における病害虫防除では、病害虫の発生による植栽への影響や人への被害を防止するためにやむを 得ず農薬を使用することが原則であり、複数の病害虫に対して同時に農薬を使用することが必要となる状況はあまり想定されないことから、このような現地混用 は行わないこと。
 なお、現に複数の病害虫が発生し現地混用をせざるを得ない場合であっても、有機リン系農薬同士の混用は、混用によって毒性影響が相加的に強まることを示唆する知見もあることから、決して行わないこと。

(6)農薬散布は、無風又は風が弱いときに行うなど、近隣に影響が少ない天候の日や時間帯を選び、農薬の飛散を抑制するノズル(以下「飛散低減ノズル」という。)の使用に努めるとともに、風向き、ノズルの向き等に注意して行うこと。

(7)農薬の散布に当たっては、事前に周辺住民に対して、農薬使用の目的、散布日時、使用農薬の種類及び農薬使用者等の連絡先を十分な時間的余裕をもって 幅広く周知すること。その際、過去の相談等により、近辺に化学物質に敏感な人が居住していることを把握している場合には、十分配慮すること。また、農薬散 布区域の近隣に学校、通学路等がある場合には、万が一にも子どもが農薬を浴びることのないよう散布の時間帯に最大限配慮するとともに、当該学校や子どもの 保護者等への周知を図ること。さらに、立て看板の表示、立入制限範囲の設定等により、散布時や散布直後に、農薬使用者以外の者が散布区域内に立ち入らない よう措置すること。

(8)農薬を使用した年月日、場所及び対象植物、使用した農薬の種類又は名称並びに使用した農薬の単位面積当たりの使用量又は希釈倍数を記録し、一定期間保管すること。病害虫防除を他者に委託している場合にあっては、当該記録の写しを農薬使用委託者が保管すること。

(9)農薬の散布後に、周辺住民等から体調不良等の相談があった場合には、農薬中毒の症状に詳しい病院又は公益財団法人日本中毒情報センターの相談窓口等を紹介すること。

(10)以上の事項の実施に当たっては、公園緑地・街路樹等における病害虫の管理に関する基本的な事項や考え方を整理した「公園・街路樹等病害虫・雑草管 理マニュアル」(平成22年5月31日環境省水・大気環境局土壌環境課農薬環境管理室)に示された技術、対策等を参考とし、状況に応じて実践すること。

※以上、農林水産省 住宅地などにおける農薬使用について から抜粋



しつこいようですが、
農薬散布に関して、絶対悪とは思っていません。

けれど、
自分が使う予定もなければ、必要も感じておりません。

私がやってたお店では農薬は一切おいていませんでしたが、
それ以前に勤めていた店や会社では農薬の専門知識を持つ、
毒物劇物取扱責任者の資格を持った人間がいました。

彼らはお客様への説明などはするし、売るけど
自宅じゃ一切使っていない。∑( ̄Д ̄;)

おっかねぇ薬って事でしょ、だんな★



らなたんは彼らの、
断固として家庭に持ち込まない態度を見ていて
怖さを倍増させてるので、今後も使う予定がないのです。


農薬について知ってるけど使ってる人もいるだろうし、
よく知らないで使ってる人も大勢いると思う。


農薬を使用している皆様は、
最低限、ラベルに表示されている使用法だけは
目を通して、実践して下さいませ。




最後までご覧頂き、ありがとう御座います(* ´∀`* )

「最後まで読んだよのクリック」
を、
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ


※コメントについて

・無農薬栽培に対する否定、非難、中傷
・農薬使用に関する肯定的意見
など、コメントされた場合には削除し、今後閲覧不可とさせて頂きますのでご了承下さい。






















防虫剤でも中毒症状を引き起こす場合もあるそうなので
なるべく安全性が高い物を選びたいですね。



ペットの場合は
舐めて口に入っちゃっても、大丈夫なタイプが安心かも。



人気ブログランキングへ


バラ苗専門店
バラの家










施設満足度ランキングで選ばれた温泉、ホテル









関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

無農薬

いろんな人がいるんですね~。
農薬を使う使わないは、その人の自由ですよね。
使わない人を非難したり、使えと言ったりはできないはず。
私も使っていません。
今年はらなさん直伝の「たばこのスプレー」を1リットルくらい作りました。
青虫は「テデトール」です。

ロソマーネジャノン、おもしろ~い。
カタログのような花はもちろんきれいだけど、色逆バージョンもかわいい。
何色が咲くかわからないっていうのも、楽しみかも~。

こんにちは!
らなさんのおっしゃるとおり、農薬を使う使わないは個人の自由ですね・・・
私は以前は虫がつけばシュッシュしていたし、わざわざ日本から買ってきて
土に植えるような粒じょうの薬を購入していたこともあります。
でも、今は鳥さんが食べてくれるというサイクルがこのお庭でできてきたので、
無農薬になりました。
ときどき唐辛子スプレーはします。でも今年はまだ使っていません♪
らなさんのブログで無農薬派と農薬はで戦いがはじまってしまったらこまっちゃいますもんね。

こんにちは~!

そういえば、花友さんが、ちっとも咲かないから「咲かなかったら切るよ!」って言ってると、「もう、ほんま抜くで!」というころになって「咲くのよ~♪」って言ってました(汗)ちょっと脅しとくといいかも(汗)
きれいに咲きましたね!ロソマーネジャノン♪やればできる!? や~っ!いつぞやのかおりかざりにも楽しませていただきました~(汗)

バラと農薬(バラに限らずか)・・・それぞれよいと思うことをやればいいと思いますけど・・・それに、らなさんのおっしゃってることってごく常識的なことと思いますよ。人の迷惑も考えられずにいい加減にやってる人がけっこう多いから、せめてご自分のためにもお気をつけなさってねということであって・・・ほんと人それぞれ自由に(責任もって)やればいいと思いますけど、自分は自由にやるけど、人が自由にやってるのは許せない・・・みたいな人が多いですね(汗)

こんにちは

ロソマーネさん、気配を感じたんですねーきっと。ふふふ 
今までは好き勝手やらせてもらってたけど、やるときはやれる子だってこと、証明しようとしたのかも。
こんな花が最初から咲いてくれてたらねー

農薬のこと、情報ありがとうございます。 らなさんはほんとに勉強熱心で素晴らしいですね。
ほんとは書きにくかったんじゃないでしょうか。 色々いう人もいるでしょうから。
でも大事なことですよね。 
私は前は結構使っていたんですが、やっぱり何となくあまり使いたくなくなって、できるだけ減らす方向です。
今年一番まいているのは、バイタルと粘着くんのコンビ。 粘着くんは農薬なんですが、中身はでんぷんのりなので、マスクもなしで気楽にやってます。
どうしてもってときだけ農薬で、というのが今のところうちに合ってるみたいです。
バラの先生の講習などで聞くと、最近のヨーロッパで作出される品種はどんどん病気に強くなっているそうです。病気に弱いものは、花がきれいでも売り出さないんですって。
それだけ農薬規制が強くなっているってことだそうです。 
なので、この際新しいバラをどんどん買っちゃおうかな と(笑)

すごい!

ロソマーネさん・・・黄色はどびっくりでしたが。
脅しが効きましたね!

私もたまーに脅してます・・・

義父が趣味でミツバチ育ててましたが、ここ数年本当に増えなくなりました。
怖いです・・・
毛虫祭りは嫌だけど、でも人間以外に生き物のいない庭なんて怖い。
自分や子供たちで何年もかけて人体実験するのはご免ですよ~
でもご近所から「最近は良い除草剤あるわよ~」なんて言われます。
雑草取り切れない私がいけないのですが・・・

こんばんは

うちのロソマーネジャノンもきまぐれですよ
やっぱり、実家に持っていこうかと思ったら、
たまにまともな花が咲いてみたり
農薬のこと、いい勉強になりました。
最近ミツバチのコロニーの働き蜂が突然姿を消すのは
農薬のせいでは、って聞いたことがあるので、
むやみに使うのは避けたほうがいいのでしょうね。
うちは殺虫剤はあまり使わずに、殺菌剤が主ですが
それでも、農薬ですものね
主人は、あまり気にせず、噴霧液が体にかかったり
してますが、気をつけるように言っておきます。

>matie様

> いろんな人がいるんですね~。
> 農薬を使う使わないは、その人の自由ですよね。
> 使わない人を非難したり、使えと言ったりはできないはず。
( ̄  ̄) (_ _)うんうん
農薬の話に限らず、自分がしている事と違う事をしている人を非難するタイプの人っていますよね(汗)


> 私も使っていません。
> 今年はらなさん直伝の「たばこのスプレー」を1リットルくらい作りました。
> 青虫は「テデトール」です。
わ! 作ってみられたんですね。
おお・・なんか・・書いた記事が人に活用されてるって実感が全くなかったので、嬉しいです(●´ω`●)ゞ


> ロソマーネジャノン、おもしろ~い。
ね~(汗)
なんかびっくり箱みたいなバラですよね(^▽^;)


> カタログのような花はもちろんきれいだけど、色逆バージョンもかわいい。
> 何色が咲くかわからないっていうのも、楽しみかも~。
逆の色で咲いた時には、(あら!不思議!)だったのが次から延々と(あら!汚い∑( ̄Д ̄;))になり・・
3年目にしてようやく(これか・・これのことだったのか・・)って花が咲きましたよ^^

>ゆー2010様

> こんにちは!
> らなさんのおっしゃるとおり、農薬を使う使わないは個人の自由ですね・・・
( ̄  ̄) (_ _)うんうん


> 私は以前は虫がつけばシュッシュしていたし、わざわざ日本から買ってきて
> 土に植えるような粒じょうの薬を購入していたこともあります。
吸わせて、食害した虫を駆除★タイプの薬って手軽だし、使ってる人も多いですよね。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン


> でも、今は鳥さんが食べてくれるというサイクルがこのお庭でできてきたので、
> 無農薬になりました。
> ときどき唐辛子スプレーはします。でも今年はまだ使っていません♪
天敵が協力してくれるようになると、ホントに楽になりますよね。
ゆーさんちは可愛い小鳥たちだから、羨ましい・・うちはスズメバチとかアシナガバチが私を脅しながら食べてくれてるようです(^▽^;)


> らなさんのブログで無農薬派と農薬はで戦いがはじまってしまったらこまっちゃいますもんね。
そそ。私の思惑とは違う捉え方をされてしまうのが一番困る。
使うのは個人の自由だけれど、使い方間違えて中毒にでもなったら大変。
て、それだけなんだけど・・ね(^▽^;)

誤解されても困るので、今回は無農薬の良さみたいな事は一切書きませんでした。(●´ω`●)ゞ

>chie様

> そういえば、花友さんが、ちっとも咲かないから「咲かなかったら切るよ!」って言ってると、「もう、ほんま抜くで!」というころになって「咲くのよ~♪」って言ってました(汗)ちょっと脅しとくといいかも(汗)
(´ε`;)ウーン…やはりキャツラ・・・
人間の心を読んだり、言葉を理解出来るのではなかろうか( ̄Д ̄;;


> きれいに咲きましたね!ロソマーネジャノン♪やればできる!? や~っ!いつぞやのかおりかざりにも楽しませていただきました~(汗)
うふふ♪ 今回は初めてロソマーネが綺麗に見えましたよ(笑)
かおりかざりの七変化ぶりには・・呆れましたが(;^◇^;)ゝ


> バラと農薬(バラに限らずか)・・・それぞれよいと思うことをやればいいと思いますけど・・・それに、らなさんのおっしゃってることってごく常識的なことと思いますよ。人の迷惑も考えられずにいい加減にやってる人がけっこう多いから、せめてご自分のためにもお気をつけなさってねということであって・・・ほんと人それぞれ自由に(責任もって)やればいいと思いますけど、自分は自由にやるけど、人が自由にやってるのは許せない・・・みたいな人が多いですね(汗)
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
そうなの。気をつけて使って欲しいのよ。【農薬】って、使い方間違えるとホントに怖いのもあるから。
本当は売り手が販売する時に、万が一を考えて「誤った使い方をした場合、こんな症状が出ることもあるので、注意事項に従って使って下さいね♪」って一言言ったらいいと思うのよね。

>ぱむ様

> ロソマーネさん、気配を感じたんですねーきっと。ふふふ 
> 今までは好き勝手やらせてもらってたけど、やるときはやれる子だってこと、証明しようとしたのかも。
> こんな花が最初から咲いてくれてたらねー
ロソマーネ、きっと黄色い花をつけた時の私の表情から「やばい!捨てる気だ!!」って気付いたのかも知れませんね~(笑)
まるで子供がどこまでやったら叱られるか、親の目を見ながらイタズラしてる感じだわ(^▽^;)


> 農薬のこと、情報ありがとうございます。 らなさんはほんとに勉強熱心で素晴らしいですね。
> ほんとは書きにくかったんじゃないでしょうか。 色々いう人もいるでしょうから。
ぎゃ★バレましたか(汗)
ええ、実はとっても書きづらくて書くのに時間を費やしました。
自分の言葉で書くと誤解を生みそうなので、今回はリンクをはるだけにしてみました(●´ω`●)ゞ


> でも大事なことですよね。 
> 私は前は結構使っていたんですが、やっぱり何となくあまり使いたくなくなって、できるだけ減らす方向です。
> 今年一番まいているのは、バイタルと粘着くんのコンビ。 粘着くんは農薬なんですが、中身はでんぷんのりなので、マスクもなしで気楽にやってます。
農薬っていっても、(これは違う表現でいいんじゃない?)ってのも沢山ありますよね。虫やダニでも「農薬」として売られてたり・・。


> どうしてもってときだけ農薬で、というのが今のところうちに合ってるみたいです。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン その方が、たぶん効き目も良いと思いますよ。


> バラの先生の講習などで聞くと、最近のヨーロッパで作出される品種はどんどん病気に強くなっているそうです。病気に弱いものは、花がきれいでも売り出さないんですって。
> それだけ農薬規制が強くなっているってことだそうです。 
(゚ー゚)(。_。)ウンウン 国外では農薬に対する規制が厳しくなってる所が多いんですよね。
国外では使用禁止になってる薬も日本ではOKってのが、農薬だけじゃなく、抗がん剤などにも・・。
日本は商売が絡むと、ちょっと怖い国な気がします。


> なので、この際新しいバラをどんどん買っちゃおうかな と(笑)
あはは♪
オラールさんとか、めっちゃ強いですよ~♪♪(ΦωΦ)フフフ…

>やままや様

> ロソマーネさん・・・黄色はどびっくりでしたが。
> 脅しが効きましたね!
ね~♪ ほんと、黄色が咲いた時にはドン引きしましたよ(汗)
そうね・・(もう、次はないな・・)って解ったんでしょうね(笑)


> 私もたまーに脅してます・・・
(´▽`*)アハハ 本当はただ、愛でていたいだけなのにね~♪
子育てに似てるわ。やっぱり(笑)


> 義父が趣味でミツバチ育ててましたが、ここ数年本当に増えなくなりました。
> 怖いです・・・
そうなんですか∑( ̄Д ̄;) ミツバチに関してはあまり調べてなかったので・・身近な所で実感するような事があると怖いですよね。
うちもここ数年、庭にハナバチは来るのだけれど、ミツバチの姿を見ません。
うちから100mくらいの所に養蜂場があったのですが、3年前位に辞めてしまったし・・うちの近所、アカシアだらけだからアカシアの極上ハチミツが市場の半値以下で買えてたのに~~!!o(TヘTo) クゥ←なんか違う方向に・・。


> 毛虫祭りは嫌だけど、でも人間以外に生き物のいない庭なんて怖い。
> 自分や子供たちで何年もかけて人体実験するのはご免ですよ~
( ̄  ̄) (_ _)うんうん 植物が生えてるのに、昆虫がいないっていうのは不思議な空間ですよね(汗)


> でもご近所から「最近は良い除草剤あるわよ~」なんて言われます。
> 雑草取り切れない私がいけないのですが・・・
あー・・わかる・・かも。
同じ商品かどうかわからないけれど、最近ね、「農薬じゃない除草剤」ってのを薬局で見掛けました。

イネ科の雑草には効きが悪いですが、ほかの雑草なら重曹(安いのでOK)撒いておくと効果的でしたよ。
http://baranomori.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

>keiko1203様

> うちのロソマーネジャノンもきまぐれですよ
keikoさんちのロソマーネも?!∑( ̄Д ̄;)やつめ、何処のお宅にいても・・(汗)


> やっぱり、実家に持っていこうかと思ったら、たまにまともな花が咲いてみたり
カタログ写真とあまりに違うんですよね・・違う時って(汗)
そして・・手放そうとするとまともな花がやはり咲くのですね。(´ε`;)ウーン…


> 農薬のこと、いい勉強になりました。
(*ノノ)キャ お役に立てれば幸いです。


> 最近ミツバチのコロニーの働き蜂が突然姿を消すのは農薬のせいでは、って聞いたことがあるので、
> むやみに使うのは避けたほうがいいのでしょうね。
私はミツバチに関しては調べたことがなくって、今回リンク載せたところに書いてありましたね。
私自身、農薬は使っていないのですが、農薬に関する書籍などは持っていて、それなりに勉強しています。
店をやっていた頃、うちの店には農薬を置かない、という説明をお客様にする為に勉強したのですが
「農薬使用反対!」という本ではなく、ひたすら農薬について解説するという本で・・眠くなるタイプの・・(汗)
ひたすら調べてゆくと何故売ってるんだ?という疑問が沸く物質でが殆どでした。


> うちは殺虫剤はあまり使わずに、殺菌剤が主ですがそれでも、農薬ですものね
リンクの一つに「主な農薬の中毒症状」というのがあって、下の方に殺菌剤も書かれています。
菌を殺す程度で人に対しては・・と安心出来るものでもないようです。


> 主人は、あまり気にせず、噴霧液が体にかかったりしてますが、気をつけるように言っておきます。
∑( ̄Д ̄;)だ、旦那様・・。
えーと・・薬の説明書きがあると思うので、そこに注意事項が書いてあります。
記載されている注意事項を守ってお使いくださいませ。m(_ _;)m

>keiko1203様

> うちのロソマーネジャノンもきまぐれですよ
keikoさんちのロソマーネも?!∑( ̄Д ̄;)やつめ、何処のお宅にいても・・(汗)


> やっぱり、実家に持っていこうかと思ったら、たまにまともな花が咲いてみたり
カタログ写真とあまりに違うんですよね・・違う時って(汗)
そして・・手放そうとするとまともな花がやはり咲くのですね。(´ε`;)ウーン…


> 農薬のこと、いい勉強になりました。
(*ノノ)キャ お役に立てれば幸いです。


> 最近ミツバチのコロニーの働き蜂が突然姿を消すのは農薬のせいでは、って聞いたことがあるので、
> むやみに使うのは避けたほうがいいのでしょうね。
私はミツバチに関しては調べたことがなくって、今回リンク載せたところに書いてありましたね。
私自身、農薬は使っていないのですが、農薬に関する書籍などは持っていて、
「農薬使用反対!」という本ではなく、ひたすら農薬について解説するという本で・・眠くなるタイプの・・(汗)ひたすら調べてゆくと何故売ってるんだ?という疑問が沸く物質でが殆どでした。


> うちは殺虫剤はあまり使わずに、殺菌剤が主ですがそれでも、農薬ですものね
リンクの一つに「主な農薬の中毒症状」というのがあって、下の方に殺菌剤も書かれています。
殺菌程度で人に対しては・・と安心出来るものでもないようです。


> 主人は、あまり気にせず、噴霧液が体にかかったりしてますが、気をつけるように言っておきます。
∑( ̄Д ̄;)だ、旦那様・・。
えーと・・薬の説明書きがあると思うので、そこに注意事項が書いてあります。
記載されている注意事項を守ってお使いくださいませ。m(_ _;)m

らな様 こんばんは! 
いつも興味深い記事ですが
今日の記事、とっても頷きながら読みました。

私も、だいぶブログ生活が長くなってきたので
「メアリーは言っても聞かない人」と 
わかってもらえたのか、
農薬を進める読者の方はおられませんが、
以前はらな様と同じような経験をしました。

自分のバラだけがかわいいのではなくて
バラを取り囲む空気や植物や虫や家族…
みんなを大切にしたいので
もし、無農薬で枯れてしまったら
それは、そのバラの天命だと思っています。

私はらな様のように薬の驚異には詳しくはありませんが
農業や、園芸業界で働く知り合いの方々は
やはり家庭では一切農薬を使っておられません。
そのことが… と、私も思うのです。

また、記事にしようと思っていますが
私、今、市民農園で野菜育てているんですが
その農園は「農薬使用禁止」なんです。

バラと違って食物を育てるわけなので
虫たちとのバトルの日々が待っているんだろうな…
と思っていたのですが

不思議や不思議!
初期のコマツ菜に少々、穴があいただけで
被害らしい被害がないんですよ。

地面にはいっぱい虫がウロウロしているのに
これって… みんなが無農薬有機栽培で
がんばっている成果?! と、
バランスがとれてるってこういうこと?!
と、すご~くミラクルな気分なんです。
(あちこち先輩がたの畑のぞくんですが、
 化成肥料を見かけたことがないんですわ)

無農薬はこまめにチェックすることが鍵なので
忙しかったり、心落ち着かない出来事があると
うまく咲いてくださらないこともありますが

それもこれも含めて
無農薬でバラ様と付き合っていくことを楽しみたいと、
らな様の記事を読んで あらためて思いました~♪

いつも中身の濃い情報発信、
ありがとうございます!

知ること。

こんにちは、らな様!

農薬について、正確な情報をありがとうございます。
こうした記事を書いてくださるらな様の勇気というか男気というか…
そういうものに惹かれて「薔薇の森」ファンでいるトムでございますm(__)m

トムは、「農薬を撒くには完全防備しなければならない」っていうのが
とにかく面倒で減農薬方面に行った…というある意味邪道?な人間なのですが(^_^;)
スプレー式のを病変個所にスポット的に散布することがあります。
あとオルトラン粒剤ですね。

でもその程度だと逆にガードがゆるくなったりするので、
いっそやめてみたらいいんじゃない?大勢に影響ないんじゃない?
と思いました。
子供たちが庭に興味を持つようになって、あちこち触ったりするのにもちょっと気を遣う…
そんなのおかしいよなー、自分ちの庭なのになー!って話ですよね(+_+)

メアリー様のおっしゃるように、無農薬はなにより観察→早期発見→早期対処がキモなので、
忙しいとどうしてもコンディション保持が難しくなりますが、
それでもいいんですよね~。
コンテストに出るわけじゃなし(≧▽≦)

今年の庭はクモとカマキリ、テントウムシが昨年より多く、
なんだか心強いのです(^^)
あらためて庭を含む周囲の自然、環境について意識を持とう!と
姿勢を正すトムなのでした。

またいろんな記事を書いてくださることを楽しみにしております♪

>メアリー様

> らな様 こんばんは! 
> いつも興味深い記事ですが 今日の記事、とっても頷きながら読みました。
メアリーさん、こんばんは(*´∀`*)ノ


> 私も、だいぶブログ生活が長くなってきたので
> 「メアリーは言っても聞かない人」と わかってもらえたのか、
> 農薬を進める読者の方はおられませんが、以前はらな様と同じような経験をしました。
(;^◇^;)ゝはは。
私も自分で失敗するまで人に注意されても無視する傾向にありますが・・(笑)
なんだろう?【仲間】を増やしたいのかな・・それって仲間でもない気がするけど。


> 自分のバラだけがかわいいのではなくて バラを取り囲む空気や植物や虫や家族…
> みんなを大切にしたいので もし、無農薬で枯れてしまったら それは、そのバラの天命だと思っています。
まぁ、実際、私も子供たちもアレルギー体質なので、農薬使うと死にそうになるから、使う気にならないってのもあるんですけど、そうでなかったとしても、これだけ長い期間農薬使わずに育ててきて、農薬を使わないから枯れた、までも行かないし。
(私の場合、褐斑病(稀)になったバラは隔離して殺菌剤1000倍希釈液を灌水しますが)
黒星やウドンコ程度で枯れるに至るなんてのも無いし・・放置してボロボロってるのはありますが(*´艸`)
使わない事での利点が多いんですよね。実際。(゚ー゚)(。_。)ウンウン


> 私はらな様のように薬の驚異には詳しくはありませんが
> 農業や、園芸業界で働く知り合いの方々は やはり家庭では一切農薬を使っておられません。
> そのことが… と、私も思うのです。
でしょう? 農家の人、全員とは言わないけど、知っている限りは自宅用と販売用に分けて作ってますよね。
全く知識がない状態での無農薬ってのは、初期段階での発見が遅れるので、
ある程度知識を得るよう努力が必要かとは思うけど、基礎知識さえ身に付けてしまえばおよその植物は無農薬でイケる気がするわ。



> また、記事にしようと思っていますが
(゚ー゚)(。_。)ウンウン


> 私、今、市民農園で野菜育てているんですが その農園は「農薬使用禁止」なんです。
そうなんだ! それってなんか・・進んでますね!


> バラと違って食物を育てるわけなので 虫たちとのバトルの日々が待っているんだろうな…
> と思っていたのですが 不思議や不思議!
> 初期のコマツ菜に少々、穴があいただけで 被害らしい被害がないんですよ。
お~。それは既に天敵が居たりいろんな人が育ててる分、植物に多様性があるってことなのかな。


> 地面にはいっぱい虫がウロウロしているのに これって… みんなが無農薬有機栽培で
> がんばっている成果?! と、 バランスがとれてるってこういうこと?!
> と、すご~くミラクルな気分なんです。
> (あちこち先輩がたの畑のぞくんですが、化成肥料を見かけたことがないんですわ)
(゚ー゚)(。_。)ウンウン きっと、そうなんだろうと思います。
農薬使用禁止になって、最初の年の人は苦労したのかも・・(汗)
有機肥料オンリーだったら、肥料分の残留も少ないだろうし、そうすると吸収を妨げるような事もないだろうし。
それより何より、土の中の有用菌が沢山いるんじゃないかしら。
そして化学肥料だと、どうしても塩分が土の表面付近に出てくるから、そうゆうのもないじゃない?
いいなぁ・・その農園。近かったらなぁ・・私も借りて、周りの人達とお友達になりたい!!


> 無農薬はこまめにチェックすることが鍵なので 忙しかったり、心落ち着かない出来事があると
> うまく咲いてくださらないこともありますが それもこれも含めて
> 無農薬でバラ様と付き合っていくことを楽しみたいと、らな様の記事を読んで あらためて思いました~♪
そうですね~・・私は毎年夏に放置してるので(汗)、うちのバラたちはさぞ大変かと思いますが・・(^▽^;)
皆、それぞれなんとかやっているので、農薬の必要性を余計に感じないのかも知れません。

自分や家族が庭の景観として楽しむだけバラであれば、遠目から見て綺麗ならそれで充分なんですよね。
切花として楽しむ程度なら、無農薬でも充分綺麗に咲かせられるし。(゚ー゚)(。_。)ウンウン


> いつも中身の濃い情報発信、ありがとうございます!
(*ノノ)キャ そんな風に言ってもらえるだなんてお恥ずかしい。
でも有難う御座います♪

>トム様

> こんにちは、らな様!
トムさん、こんにちは(*´∀`*)ノ


> 農薬について、正確な情報をありがとうございます。
いえいえ、私はリンクや文章の抜粋をしただけなので(;^◇^;)ゝ


> こうした記事を書いてくださるらな様の勇気というか男気というか…
> そういうものに惹かれて「薔薇の森」ファンでいるトムでございますm(__)m
(*ノノ)キャ 有難う御座います。
いや、昔から無鉄砲とはよく言われてきたのだけれど、そんな風に思ってもらえるだなんて・・( ノД`)


> トムは、「農薬を撒くには完全防備しなければならない」っていうのが
> とにかく面倒で減農薬方面に行った…というある意味邪道?な人間なのですが(^_^;)
(゚ー゚)(。_。)ウンウン 実際、法律に従って実践するとなると、夏場なんて暑くて死ぬわ★状態になりますよね(汗)


> スプレー式のを病変個所にスポット的に散布することがあります。 あとオルトラン粒剤ですね。
きっと、その二つは一番多く使われている気がします。( ̄  ̄) (_ _)うんうん


> でもその程度だと逆にガードがゆるくなったりするので、
> いっそやめてみたらいいんじゃない?大勢に影響ないんじゃない? と思いました。
確かに手軽なスプレー式のモノや錠剤などは、【農薬を使っている】って感覚が薄れて、注意書きに目をやることも少なくなると思います。


> 子供たちが庭に興味を持つようになって、あちこち触ったりするのにもちょっと気を遣う…
> そんなのおかしいよなー、自分ちの庭なのになー!って話ですよね(+_+)
そうですねぇ・・例えば家庭菜園にしたって、広いお庭でバラと野菜を遠く離れた場所で栽培出来れば無関係だけど
農薬散布を欠かさずやってたら、庭の野菜は怖くて食べられないかな・・。っていう、その怖いという感覚を起こすものを使うってのはやっぱり、抵抗があります。


> メアリー様のおっしゃるように、無農薬はなにより観察→早期発見→早期対処がキモなので、
> 忙しいとどうしてもコンディション保持が難しくなりますが、 それでもいいんですよね~。
> コンテストに出るわけじゃなし(≧▽≦)
( ̄  ̄) (_ _)うんうん
完璧さを求めたら、農薬使ったとしても難しいでしょう。コンテスト用は摘蕾して一つの花を大きく咲かせるので、蕾一つ失うのも大きな痛手。そういった習慣が今尚続いている気がします。


> 今年の庭はクモとカマキリ、テントウムシが昨年より多く、なんだか心強いのです(^^)
> あらためて庭を含む周囲の自然、環境について意識を持とう!と、姿勢を正すトムなのでした。
天敵がいると、虫の駆除もとっても楽チン♪ですよね。
アブラムシなんて放っておいてもいつの間にかいなくなっちゃう。(´∀`*)ウフフ


> またいろんな記事を書いてくださることを楽しみにしております♪
(*^▽^*)ノハーイ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://baranomori.blog.fc2.com/tb.php/1235-aaaa929d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1/90の確率で得たもの «  | BLOG TOP |  » 届いた新苗★あんたまさかっ・・!!な色で咲いた・・∑( ̄Д ̄;)

COUNTER

ようこそ。

人目のお客様♪

プロフィール

らな

Author:らな
HSAジュニアソーパー
AEAJ アロマテラピー1級

メインはバラの無農薬栽培と独自誘引他の紹介。
庭づくり、かんたんDIY、クラフトなど。

現在は手作り石けん教室を開く為、奮闘中★
デザインや素材、作り方などいろいろ試しております。



このブログが雑誌で紹介されました




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ





画像の無断転載
及び
画像の直リンク
はお断り致します

最近の記事+コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

CustomCategory

お気に入りのお店

【Gardening】

バラの家
なかなか見つからないバラも、ここなら見つかる!
充実した苗が送られてくる、信用できるバラ苗のお店です。

おぎはら植物園
宿根草を探す際にお世話になっています。

ハニーミント
と~っても軽い土で、鉢の移動も楽々♪保水、保肥、共に良好です。

e-フラワー
以前、実店舗へ通わせて頂いていた改良園さん。幅広く、そして珍しい植物があったりします

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店
こちらも以前、実店舗へ通っておりました。最新品種など、目新しい物も多く扱っているお店です。



【zakka】

one and only shop
愛用しているハンドソープを1個から送料無料で送ってくれる、有難いお店。

メソッドのピンクグレープフルーツ。ココナッツオイルが主成分のアロエ、ビタミンE入りで、使用後は分解され、自然に帰る、環境にも優しいく、手肌にも優しいハンドソープ。お勧めです♪

輸入建材・雑貨店Queen Ann
お手頃価格で洒落たものが揃います。フレンチカントリー好きさんや、DIY好きの方にもお勧め。

タイルショップたまがわ
軽量レンガが驚きの安値で買えるお店。バルコニーもベランダも、こちらの物を使わせて頂きました。

ライフスタイルショップ アンジェ
ファッション~日用雑貨、家具に至るまで扱うお店。 見ているだけで幸せになりそうな実用品が揃っています。洒落てるけれど、価格はリーズナブルでお勧めです。

choice





無料・レンタル・掲示板

らなのお気に入り

【美しく咲かせるバラ栽培の教科書】

条件にあった品種選びから詳しい栽培法まで、バラを育てたことがない人でも読めば幅広く、深い知識が身につく素晴らしい栽培本。ここ最近では一番詳しく書かれている本だと思います。

【バラ大図鑑】

新しい品種が数多く載っているバラ図鑑。樹形、大きさ別で目的別に購入したいバラを検討するのに便利。また、うどんこ病、黒点病に対する耐病性の強弱も記載されており実用的。

【美しく病気に強いバラ】


【バラを美しく咲かせる とっておきのテクニック】


【超図解!よくわかるバラの剪定講座】


【もっと知りたい!  バラの栽培と剪定講座】


















オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

SOLAR

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気のバラ苗

リンク

このブログをリンクに追加する

kobo

QRコード

QR

RSSリンクの表示

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
17位
アクセスランキングを見る>>

Nippon Blog Mura

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。